アカウント


 



Firebird日本ユーザー会はFirebird Foundation の公式スポンサーです
Firebird日本ユーザー会は
Firebird Foundation の
公式スポンサーです

Firebird日本ユーザー会

~ 設立総会のご案内 ~

 

  昨年5月にユーザー会設立のために準備会を立ち上げて、ようやく1年が経過しようとしております。この間、議論を重ねてまいりましたが、この度以下の通りFirebird日本ユーザー会の設立総会を行うことを決定いたしましたのでご報告致します。

日時:2004年4月3日(土) 午後2時~
場所:タイムインターメディア社会議室
地図:http://www.timedia.co.jp/company/map

※当日、総会後に懇親会を予定しております。(詳細未定)

 Firebird日本ユーザー会を設立する目的は、国内における情報技術産業に関わる人々のみならず広く一般市民に対して、オープンソースのリレーショナルデータベース・Firebirdの普及と発展に関する事業を行い、低コストで高機能なリレーショナルデータベースを提供することを以て情報化社会の発展に寄与することにあります。

 また、この目的を達成するために、以下の活動を行います。

  1. Firebird及びミドルウェア、関連ツールなどの研究開発及び普及促進
  2. Firebirdに関する情報の公開、海外情報の紹介
  3. 会員相互および外部との技術的・人間的交流

 さらに、上記の目的を達成するために、以下の事業を行います。

  1. Firebird関連技術に関する調査研究、情報収集、配布
  2. Firebirdの研究会、講習会、インターネットホームページの開設
  3. その他本会の目的を達成するために必要な事業を行います。

 ユーザー会への参加は、会費を頂く個人・法人の正会員と無料の準会員の二種類となります。会費は個人正会員が年間三千円、法人正会員が年間三万円とさせていただく予定です。

 上記の目的等につきましては、以下に規約案を掲載いたしますが、設立総会にて最終的に決定されるものですので、現時点での決定事項ではございません。

  Firebird日本ユーザー会スタートアップグループは、日本においてFirebirdのさらなる普及を目指すため、Firebirdに関心を持つ、個人・非営利組織・企業の皆様方のご参加とご協力を頂きたいと思います。

 ・Firebird日本ユーザー会 規約案 ( PDF版 )

 

2004年3月1日
Firebird日本ユーザー会
スタートアップグループ 代表 林 務

 


2010年10月にFirebird2.5がリリースされました。SuperClassicエンジンの実装により、よりパワフルに、よりスケーラブルになりました。(2012/11/6)
powered by Sylph  version.1.0 rc4 / ©1998-2004.DipMeshSystems .