アカウント


 



Firebird日本ユーザー会はFirebird Foundation の公式スポンサーです
Firebird日本ユーザー会は
Firebird Foundation の
公式スポンサーです

日本語版のインストーラの作業を進めるため、Firebird 1.5.1のWindows版の
ビルドを行ってみました。
1.5.1のCVSのタグはR1_5_1となっています。

以下、ビルドの手順です。

Firebird 1.5.1のビルドの方法
====================
1)Visual C++ 6.0 / 7.0のインストール
2)sed, bisonなどのツールのインストール
3)ソースコードのダウンロード
  c>cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/firebird login
    パスワードなし
  c>cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/firebird -r R1_5_1 co firebird2
4) isc_userおよびisc_passwordの環境設定を行う
5)firebird2/builds/win32に移動
6)firebirdをインストール(ビルドにfirebirdが必要)
6) prepare.bat c:\program files\firebird\firebird_1_5
7) make_boot.bat
8) make_all.bat

これでoutputディレクトリにビルドができあがります。
サンプルも作成したい人は

9)make_example.bat
を実行してください。
このときfbclient.dllにパスが通っていないとエラーとなりますので
注意してください。

注意しなければならないのはFirebirdのビルドにはFirebirdが必要です。
これはメッセージファイルの構築、gpreを利用するためです。
インストールしたFirebirdのbinディレクトリにPATHを通しておくことと、
ISC_USER,ISC_PASSWORDの環境変数を忘れずに設定してください。

VC6を利用している人はfirebird2buildswin32msvc6readme_MSVC6.txtに
書いてあるとおり、以下のサイトを参照してstrftime.cを修正する必要があります。

Fixes for Library Bugs in VC++ V5.0/V6.0
http://www.dinkumware.com/vc_fixes.html


HEADのタグを付けると2.0のソースコードを入手することが出来ます。
ただし、私の環境ではビルドが失敗しています。

Vulcanのビルドについてもfirebird-develにAnnさんがポストしています。
64ビットマシンを持っている方は挑戦してみてはどうでしょうか。


※この記事は加藤大受さんから提供していただきました。

Firebird徹底入門発売中。本書は最新版であるFirebird2.5を中心に、その機能のほとんどすべてを解説しています。(2010/10/10)

powered by Sylph  version.1.0 rc4 / ©1998-2004.DipMeshSystems .