アカウント


 



Firebird日本ユーザー会はFirebird Foundation の公式スポンサーです
Firebird日本ユーザー会は
Firebird Foundation の
公式スポンサーです

Firebird
SJIS_0208/EUCJ_0208/UNICODE_FSS
マッピング検証

アーティクルID:38

更新履歴

2003/6/28 V1.5RC3による検証および結果整理
2003/6/29 上記結果をJIS X 0208とJIS X 0218に分類して整理
2003/7/22 上記結果に伊浪氏の投稿情報を反映
2003/7/29 上記結果に伊浪氏の投稿情報を反映
2003/8/XX 正式リリース後に再検証予定としています。

検証記事作成者Minoru Yoshida / Timeful System,Inc. , 井浪さん
編集担当者三浦しゅう(ウェブ担当)
ML記事マッピング検証,Re: [Firebird-jp-general] マッピング検証,Re: [Firebird-jp-general] マッピング検証,Re: [Firebird-jp-general] マッピング検証, Re: マッピング検証


検証目的

日本語Windows上で
以下のキャラクタセットの登録/検索によりコードマッピング結果を確認する。

  • SJIS_0208 のテーブルに対する読み書きで正常か。
  • EUCJ_0208 のテーブルに対する読み書きで正常か。
  • UNICODE_FSS のテーブルに対する読み書きで正常か。

検証環境

テスト(1)Firebird V1.5RC3 Windows Local環境
サーバFirebird V1.5RC3 SuperServer / Windows2000(sp2)
クライアント(Local環境)
データベースMAPV15RC3.GDB
USER:SYSDBA / DEFAULT CHARACTER SET SJIS_0208 / Dialect3
SJIS_0208検証用テーブル:SJIS
EUCJ_0208検証用テーブル:EUCJ
UNICODE_FSS検証用テーブル:UNICODE
接続キャラクタセットSJIS_0208
検証ツールB-Pla1/Data Definition    B-Pla2/Data Conversion   Middleware:IBObjects

テスト(2)Firebird V1.5(正式版) C/S環境
サーバLinux Redhat7.2
クライアントWindows2000(sp2)
データベースMAPV15RC3.GDB
USER:SYSDBA / DEFAULT CHARACTER SET SJIS_0208 /
Dialect3
SJIS_0208検証用テーブル:SJIS
EUCJ_0208検証用テーブル:EUCJ
UNICODE_FSS検証用テーブル:UNICODE
接続キャラクタセットSJIS_0208
検証ツールB-Pla1/Data Definition    B-Pla2/Data Conversion  
Middleware:
IBObjects

テスト(2)は2003月末検証予定としています
※上記以外の検証環境は順次追加していく予定です。


検証データ

1バイト文字

SJIS
00-  1F32制御コード(テスト対象外)
20-  7E95JIS X 0201英数記号
7F1制御コード(テスト対象外)
801未定義
A01未定義
A1-  DF63JIS X 0201カナ
FD-  FF3未定義

2バイト文字

SJIS
8140-EFFC8836JIS X 0208範囲内(非文字含)
(6355)(内、文字は6355文字)
F040-FCFC2444JIS X 0208範囲外(非文字含)
(388)(内、IBM選定文字388文字)


検証テーブル

TableColTypeCharactersetMemo
SJISS_STRVARCHAR(1)CHARACTER SET SJIS_0208検証コードのInsert/Select/Compare対象列
EUCE_STRVARCHAR(1)CHARACTER SET EUCJ_0208同上
UNICODEU_STRVARCHAR(1)CHARACTER SET UNICODE_FSS同上


検証結果
(JIS X 0208)

1バイト文字

SJISサーバ想定する正常件数テスト(1)テスト(2)メモ
20-  7E95SJIS95(100%)
95EUCJ95(100%)
95UNI95(100%)
801SJIS1(100%) 
1EUCJ0(  0%)
1UNI0(  0%)
A01SJIS1(100%)
1EUCJ0(  0%)
1UNI0(  0%)
A1-  DF63SJIS63(100%)
63EUCJ 0(  0%)
2バイトになり100%になるか?
63 UNI63(100%)
FD-  FF3SJIS3(100%)
3EUCJ0(  0%)
3UNI0(  0%)

2バイト文字

SJIS サーバ想定する正常件数テスト(1)テスト(2)メモ
8140-EFFC8836SJIS8836(100%) 
8836EUCJ8836(100%)
8836UNI6879( 78%)
実際にある文字しか変換しない
F040-FCFC2444SJIS2444(100%)
2444EUCJ0(  0%)
2444UNI0(  0%)
UNICODE_FSS時の文字数の内訳は、前述した
    数字・記号・かな(01~08区) : 524
    第1水準         (16~47区) : 2965
    第2水準         (48~84区) : 3390

マッピング検証関係資料
マッピング検証関係資料として検証作業のスクリーンショットを掲載します


参考情報
ASH multimedia lab http://ash.jp/code/index.htm  



powered by Sylph  version.1.0 rc4 / ©1998-2004.DipMeshSystems .